飼い主の頭をなめた猫が心不全

過去に「オーストラリアで飼い主の頭をなめた猫が心不全になる」という出来事がありました。

これは、飼い主がつけていた育毛剤の成分「ミノキシジル」が原因だったみたいです。

身近にあるものが猫やペットには危険なことも多いです。

今日の内容

育毛剤が塗られた飼い主の頭をなめた猫が心不全に

2008年8月13日に、オーストラリアで飼い主の頭をなめた猫が心不全になるというニュースがあった。

オーストラリアでペットの猫が飼い主の頭に塗られた育毛剤をなめて瀕死(ひんし)の状態になったことを受け、獣医師らは13日、人間の使う育毛剤が動物に与える危険について警告しています。

猫の「ルナ」はふざけて飼い主の頭をなめているうちに高血圧の治療薬として使われるミノキシジルを含んだ育毛剤を摂取。心不全を起こし、生死の境をさまよった。

ルナを治療したシドニーの獣医、ケン・コックウィル氏はシドニー・モーニング・ヘラルド紙に対し、育毛剤に含まれる成分が「猫はもちろん犬に対しても有害となる可能性があることを認識したほうがいい」と述べた。

オーストラリアの猫、飼い主の育毛剤なめて生死さまよう | ロイター

記事内で心不全になってしまったのは猫ですが、

「猫はもちろん犬に対しても有害となる可能性があることを認識したほうがいい」

とコメントされています。

犬猫をはじめとしたペット全般に注意が必要。

飼い主を大好きなペットが、ペロペロなめた結果、生死をさまようなんて、想像しただけで胸が痛い。

ミノキシジルが配合されている育毛剤とは

ミノキシジルが配合されている代表的な育毛剤は、

  • スカルプD
  • リアップ

などがある。AGAクリニックで処方されることも多いようです。

育毛剤の成分「ミノキシジル」とは

ミノキシジルは発毛・育毛効果が高いと人気の成分だが、もともと降圧剤として開発された薬。

詳しい解説は、下記の医師の記事に詳しく書かれています。  

ミノキシジルの副作用 心血管系副作用を中心に | AGAブログ | 肌のクリニック・高円寺院・麹町院 大正製薬のリアップ®が日本で発売されてから、発毛剤としてのミノキシジルは、日本でも急速に認知度があがりました。

もともとはアメリカで、血管拡張作用がある降圧剤の飲み薬として開発された薬。

ミノキシジルは、「血管拡張薬」
人が飲んだ場合、心臓系の副作用のリスクあるそうです。

服用している人の中で、毛が濃くなったり増えたりする人が多かったため、育毛剤へと転用された。

 

ミノキシジル入り育毛剤を使う場合の注意事項

ペットと暮らしているがミノキシジル入りの育毛剤を使いたい場合、細心の注意が必要。

  • 育毛剤を塗った後は必ず手を洗う
  • 頭をペットに触らせない・なめさせない
  • ペットと寝室を別にし寝ている間に頭をなめられないようにする
  • 育毛剤はペットがいたずらできない場所へ毎回必ずしまう
  • そもそもミノキシジル入りの育毛剤は使わない

犬より猫の方がなりやすいようですが、枕を舐めたりするだけで発症するようです。

 

飼い主の頭をなめた猫が心不全のまとめ

この記事は、獣医の先生がSNSで投稿していました。

その先生は、

なかなか我々獣医師としても、薄毛の人に発毛剤使ってますか?と聞くのもはばかる(苦笑)し、知らないうちに症状が出てたりするかもしれないのもコワい。」

と書かれていました。

知らないことは恐怖ですね。

参考
JAAHA

明日は、犬の感情について書きます。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です