【ペットに危険な植物】チューリップ

春になりチューリップが咲き始めましたね。

我が家も毎年チューリップは植えていますが、犬、猫にとっては危険だったりします。

今日の内容

 

チューリップの花言葉

学名:Tulipa gesneriana

和名:鬱金香

原産地:トルコ

科・属名:ユリ科・チューリップ属

花言葉
赤色:恋の告白
紫色:永遠の愛・気高さ
ピンク:愛の芽生え・誠実な愛
オレンジ:照れ屋
黄色:希望のない恋・高慢・いやなこと・忘恩
白色:失恋・新しい愛・純粋
黒色:私を忘れて
まだら:美しい眼・魅惑

 

犬 猫に危険なチューリップ

いろいろなところに咲いているチューリップですが、実は毒を持っています。

部位:すべての部位に毒性、特に球根

有害成分:球根に傷がつくとツリパリンAというアレルギー性物質が生成
皮膚につくとかぶれる事があります
花にはチューリッピン、ツリッピンという臓毒作用がある成分があります

症状:嘔吐、下痢、多量のよだれなど

散歩中にある草花。何でも口に入れてしまうようなタイプのコは、特にお気をつけください。

※個体差もあり、また、摂取量などによって、すべてのペットが中毒反応を起こすというわけではありません

この他に、まだたくさんありますので、少なくとも自分の家にある植物については、一度毒性について調べておくのをおすすめします。

食べてしまった時の応急処置と治療

1.食べてしまった量と種類の把握

まずはどれくらいの量のどんな植物を食べてしまったのかを把握します。
植物名がわからない場合には犬が草を食べていた場所の写真を撮っておくといいでしょう。
余裕があれば食べた植物を採取しておくこともおすすめします。

2.吐かせる

誤食してしまった時には吐かせたいところですが、吐かせ方がわからない人が無理に吐かせようとして犬の食道を傷めてしまう可能性もあります。
動物病院に行けない場合には電話などで獣医師の指示を仰ぐのがいいかもしれません。

3.症状が出る前に動物病院へ

症状が出てしまっている時には至急動物病院に連絡をして、搬送してください。

 

【ペットに危険な植物】チューリップのまとめ

家の中にもお散歩コースにも、危険な植物がたくさん存在しています。
まずは食べてはいけない植物を知っておきましょう。
なるべく口にさせないように気をつけることはもちろんですが、家の中では手の届く範囲に危険なものを置かないことが大切です。
愛犬を守るために気をつけましょう。

この他に、まだたくさんありますので、少なくとも自分の家にある植物については、一度毒性について調べておくのをおすすめします。

次回は、このチューリップには生き抜くための生存戦略があります。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です