犬って笑うの?〜犬の感情

「うちの犬は笑うんです。」犬と暮らしている人ならそう思う方は多いと思います。

犬と暮らしていない人は、犬に喜怒哀楽があることにビックリされる方もいます。

犬は、実に感情豊かなのです。

今日の内容

犬の喜怒哀楽

以前は、人以外の動物に感情はないと科学者たちは言っていましたが、
最近は、動物行動学と神経生物学(ホルモンと脳構造)において証明されてきています。

幸福感
悲しみ
不安
満足
喜び
嘆き
嫉妬

犬はやきもちやき?

犬にも人の嫉妬に似た感情が存在することがわかってきています。
これは嫉妬を覚える能力が社会的な生物種で進化したと考えられています。

嫉妬という感情は、個体が重要な関係性を維持するのに役立つといいます。

嫉妬のように見えていても違うこともある場合があります。

ただ、よく言われている犬が飼い主に近づいてきたときに間に入るのは、
嫉妬よりも「気をつけて」「落ち着いて」というカーミングシグナルの場合もあります。

犬が興奮して走り回るのは?

犬には、人間には存在しない感情もあります。
例えば、犬が興奮して狂ったように走り回ったりします。

このとき、どういう気持ちなのかは理解できません。
想像することはできても真相を知ることは残念ながらできません。

 

犬は、食べ物と飼い主どっちが好き?

食べ物と飼い主と一緒に過ごすのどちらを選ばせると、
犬は、飼い主と一緒に過ごす方を選ぶという研究結果も出ています。

我が家の愛犬は、食いしん坊なのでこの研究結果は疑問も感じます。
我が家のRikuは必ず食べ物の方を選ぶと思います。

これには、愛情ホルモンの『オキシトシン』が関係あると言われています。

『オキシトシン』は犬と飼い主が見つめ合うだけで誘発されると言われています。

 

犬の優しさ共感力

犬が苦痛やネガティブな感情を感じられます。

犬が飼い主を慰めるのは、持ち前の共感力を発動して、
その痛みを我がことのように感じるからです。

 

犬の感情におすすめなフラワーエッセンス

緋寒桜

愛と優しさのフラワーエッセンス
飼い主のことがもっと好きになります。

 

ランタナ

ポジティブな気持ちにさせてくれるフラワーエッセンス

 

ティリーフ

トラウマの解消のフラワーエッセンス
過去に辛い経験をして表情豊かになれない犬に。

 

犬の感情のまとめ

犬にも喜怒哀楽があることは、一緒に暮らしている私たちは、
研究結果よりも実感されていることと思います。

まだまだ解明されていないことも多いですが、
愛すべき愛犬には、いつもニコニコしてもらいたいですよね。

明日は、感情のある犬の愛情について書きます。

参考図書:「犬の能力」

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です