風邪のひきはじめのおすすめハーブ

風邪は万病のもと。特に乾燥が進む季節は風邪をひきやすいので、日々のケアで体調管理を行い、ウイルスに負けない体づくりを心がけたいもの。

昨日は、アロマテラピーについて書きました。

今日は、アロマテラピーより、優しいハーブの風邪対策について書きます。

日常の予防なら、アロマよりハーブがおすすめです。

今日の内容

ハーブの薬効成分

ハーブの持つ薬効は、古くから日々の体調管理や感染症対策に活用されてきました。

古代エジプト時代に書かれたパピルスの文書にはアロエなど約700種類のハーブが記録され、うがい薬や湿布薬としていたことが記されています。

 

食事に取り入れやすい風邪におすすめなハーブ

ハーブというとハーブティーを思い浮かべる方が多いと思いますが、
食事としても取り入れられます。

  • チャイブ(アサツキ):カルシウムとカロチンを多く含む、体を温める、食欲不振、発熱
  • ガーリック:強壮、健胃、整腸、利尿
  • クレソン:解熱、消化促進、利尿
  • タイム:気管支系の病気、消化、強壮、解毒

 

風邪症状を緩和するハーブティー

ハーブティーはハーブの薬効成分が体に吸収されやすく、ビタミン・ミネラルなどの栄養素もとれるので、風邪のひきはじめにおすすめ。つらい風邪の症状緩和につながります。

  • エルダーフラワー:鼻水や鼻づまり、のどの炎症、発汗、利尿、抗アレルギー
  • ジャーマンカモミール:のどの痛み
  • ローズヒップ:感染症や炎症でビタミンCを消耗、免疫力アップ
  • エキナセア:抗菌・抗ウィルス、免疫力アップ

  • ジンジャー:消炎、血行促進、発汗

  • ペパーミント:消炎、発汗

  • ユーカリ:抗菌、抗ウィルス

  • ラベンダー:抗菌、安眠、鎮静

  • レモングラス:抗菌、消化促進

ハーブティーを飲む際は、立ち上る湯気も一緒に吸入するとより呼吸器のケアに効果的です。

 

鼻づまりや喉のイガイガはハーバルスチーム

鼻づまりや喉のイガイガを感じたら、ハーバルスチームを試してみてください。

ハーブが持つ薬効成分を蒸気と一緒に吸入することで、喉や鼻の粘膜が潤い、喉の痛みがラクになったり、鼻の通りがよくなったりします。

痰が気になる時にはユーカリを使用しましょう。去痰作用によって、痰を切って排出しやすくなり、喉のイガイガがすっきりします。

おすすめハーブ

ジャーマンカモミール、タイム、ローズマリー、ラベンダー、ミント類など

用意するもの

  • ドライハーブ 10g
  • 湯(80℃前後) 1リットルほど
  • 洗面器
  • バスタオル

ケア方法

  • 洗面器にハーブとお湯を入れます。
  • 洗面器を覆うようにバスタオルを被り、顔を水面から15cm位に近づけます。
  • 肺の奥まで息を吸い込むように大きく呼吸し、35分蒸気を吸入します。

ポイント

  • 咳がひどい時には蒸気が刺激となり咳き込むことがあるので、行わないでください。
  • ハーバルスチームを行った後のお湯をお風呂に入れると、入浴剤として活用できます。

 

風邪の症状におすすめなハーブのまとめ

ハーブは上手に活用することで、風邪予防や症状緩和にも役立ちます。

また、ストレスがたまると免疫力が落ち、風邪を引きやすくなってしまいます。

香りで心身共にリラックスしながら、ハーブを使ったハーバルケアをぜひお試しください。

明日は、中医学的な風邪について書きます。

 

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です