【愛犬のホリスティックケア】骨編

椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼は、犬の病気でも多い方です。

膝蓋骨脱臼は、生まれながらの疾患である場合もありますが、
椎間板ヘルニアは、予防ができます。

椎間板ヘルニアになると愛犬もご家族の方も大変ですよね。
なる前にケアできるといいですよね。

今日の内容


心と体の健康を保つ秘訣

他の臓器と同じく骨も血液によって酸素と栄養をもらい、毎日、再生と破壊を繰り返してます。

骨を動かしたら、運動をしないと、骨のカルシウムが固まって骨同士は繋がってしまったり 骨と骨を繋ぐ靭帯、椎間板などが硬くなったりしてしまいます。

 

骨について

骨にも細い血管が多いです。
その骨に血液がいかなくなると骨髄機能に影響がでて、造血機能低下や血液のガンになります。

 

 

 

 

 

 

椎間板について

椎間板はゼリーの入ったクッションのようなもの。

背骨が冷えると代謝が悪くなり石灰化のような状態になります。

膝、関節について

筋肉を使わないと膝蓋骨がずれてきます。

関節には滑液という水があり冷えやすく、血流が悪くなりやすいです。。

血流がこなくなると、滑液に異常が出て、関節炎や靭帯が弱くなります。

 

暑い場合は、冷やす。

タンパク質は45°Cで変質する。

温めるのが大事!

  • 血行が良くなる
  • 血行が良くなることで隅々まで血液が流すことができる
  • 温めるためには運動をするといい
  • 運動することで、骨も強くなる

 

ヘルニア、膝蓋骨脱臼のケア

痛みがある時は炎症がある時

 ↓

炎症がある時は、熱がある

 ↓

熱があるなら冷やす(目安として1週間、10/1日)

痛みがなくなったら、今度は温める。

温めて痛がるようならまだ炎症があるので冷やして、抗炎症薬を服用。

 

大体骨頭壊死(レッグペルテス) 、股関節形成不全のケア

ジャックテリアがなりやすい。
テリア系は水分量が足りていないこが多いそうです。

炎症があれば股のところを冷やして、抗炎症薬などの服用が必要になります。

股関節(股の部分)が冷えている犬は、温める。

骨頭の壊死を遅らせて、再生を促すには温めが必要になります。

 

まとめ

ケアとしては、炎症がある時は冷やします。

それ以外の時は、温めます。

ヘルニアなどについては、他のセミナーや本などでも勉強したので、
また改めて書きたいと思っています。

一番は、予防するようにケアをしてあげられるのが理想ですよね。

明日は、これからの季節、ご馳走がならびます。
食いしん坊の愛犬がいるところは、食べてはいけないものを食べないように気をつけてくださいね。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です