風邪のおばあちゃんの知恵袋(民間療法)

日本には、昔から民間療法、おばあちゃんの知恵袋的なケアもたくさんあります。

昔の人たちは風邪をひいたとき、薬などに頼らず、自然にある身近なものを利用して、体を治してきました。
民間療法とあなどるなかれ、ひどくなる前に試してみる価値はあると思います。

今日の内容

風邪の民間療法

風邪予防に

番茶に塩をひとつまみ入れてうがい

手洗いとうがいは風邪予防の基本中の基本ですよね。

番茶は抗菌作用があり、ビタミンCが豊富!

普段、飲むときより濃い目に入れると効果的です。

 

風邪のひき始め、風邪かな?と思ったら・・・

焼き梅干し茶

梅干を焼いて、大き目の湯飲みに入れて、実をほぐしながら、みじん切りのねぎを入れて、熱湯を入れて、熱いうちに飲みます。

好みで少し醤油を垂らして飲むと、味わいも豊かになります。

梅干には疲労回復のクエン酸、抗菌、減菌作用のあるカテキンが含まれています。
さらに、焼くことでムメフラールという血行を改善する成分が生まれ、体がポカポカになる効果を発揮。
一度焼いてしまえばムメフラールは消えることがないので、作り置きもできます。

ねぎの成分、アリシンは体を温め、疲労回復の効果も。

蜂蜜生姜湯

生姜をすりおろして、しょうが汁を作り、蜂蜜を入れて、熱湯を注ぎます。

生姜は体を温める効果があり、発汗作用があります。

 

風邪をひいてしまったら

卵酒

大きめの湯飲みに卵、砂糖を入れて混ぜ、日本酒を熱めに温めて、アルコール分を飛ばし、卵は固まらないように、混ぜながら、日本酒を注ぎます。
栄養補給と体を温めるのに効果的です。

 

ネギ入りうどん

風邪の初期にネギを普段より多めに入れ、卵を落とした温かいうどんを食べます。ネギは体を温め、内臓の働きを活発にし、発汗作用を高めると言われています。

 

にんにく湯

にんにくを皮ごと焼いて、すりつぶし、湯飲みに入れます。
少量の味噌を加え、熱湯を注ぎます。

 

にんにくのホイル焼き

にんにくの薄皮をむき、塩を少量ふってアルミで包みます。
これをフライパンか焼き網で蒸し焼きにして食べます。

干し柿湯

干し柿を丸ごと湯飲みに入れて、熱湯を注ぎ、柿もそのまま食べます。

 

葛湯

大きめの湯飲みにくず粉を入れて、熱湯を少しづつ入れて、よくかき混ぜながら、とろみをつけます。

すこしづつ入れないと「だま」になるので注意!

胃腸が弱っているときにおすすめ。
漢方薬の葛根湯も葛が原材料ということから分かるように、葛には体を温める効果や解熱発汗作用、整腸作用など様々な効果があるのですね。

このため、下痢のときにも葛湯は効果的です。

 

のどの痛みに

大根飴

大根を乱切りして、蜂蜜をかけて、2,3日おく。大根からでた水分をスプーンでなめると、のどのハレや痛みに効果あります。

古くは、食べる薬として重宝された大根。

大根の辛み成分である「イソチオシアネート」は、切って繊維を断つことで初めて生まれる成分で、解毒作用や殺菌作用、抗酸化作用、抗菌作用など様々な働きをしてくれるスグレモノ。

この成分と、喉の傷ついた粘膜の炎症を鎮めてくれるハチミツが合体すること、さらに喉の炎症や咳をやわらげる効果を発揮してくれます。

 

せきやたんに

レンコン湯

レンコンをすりおろして、そこに、生姜のおろし汁も加え、しょうゆ等で味付け、くず粉を少々入れて、とろみをつけます。レンコンはビタミンBが豊富。

 

アップルブランデー吸入

アップルブランデーによる吸入は、エドガーケイシーのリーディングによるものです。
溜まった蒸気を吸入

純粋なアップルブランデー、キッチン用のドレッシングボトル

私は、ブランデー以外は100均で揃えました。

 

発熱

すりおろしりんごジュース

りんごをすりおろして、レモン汁を少々加えます。のどごしよく、食欲のないときの栄養源になります。
小さいとき、このすりおろしりんご大好きでした。

 

風邪の和のフラワーエッセンス花音

フラワーエッセンスは薬ではないのでが、おすすめなものがあります。

サネン

浄化のフラワーエッセンス
空間の浄化にもおすすめなので、お部屋にスプレーも。

トケイソウ

風邪で眠れないときに。

 

風邪の民間療法のまとめ

風邪は、ひき始めや予防が大事!

薬を飲む前に民間療法を試してみるのもいいと思います。

今回、調べてみてたくさんあってビックリしました。

明日は、【愛犬のホリスティックケア】骨編です。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です