【ペットの悩み】犬の医療費は意外とかさむ

犬と暮らしてビックリするのが医療費が高いということ。
1回 病院に行くと1万円札が飛んでいっちゃいますよね。

ペットのお悩みでも「医療費がかさむ」が上位だったりします。

犬さんと猫さんではちょっと違うので今日は、犬編です。

健康管理 医療費用

予防接種やワクチンの費用

犬さんの場合は、毎年 狂犬病の予防接種やワクチンなどがあります。

病院によって違ういますが大体数千円です。

ワクチンは、抗体を調べて打ったり環境によっても違うので獣医の先生と相談してみてください。

ノミダニ、フィラリアの予防もあります。

病気・ケガのときの治療費

犬さんには、いつまでも健康でいて欲しいですが、やはり避けては通れません。

動物の診察や治療にかかる医療費は全額が飼い主さんの自己負担です。

病気やケガのリスクは犬種や年齢などによって異なりますが、平均では1年あたり約7万円 医療費がかかるそうです。

お薬の量は体重によって決まることが多いので大型犬の方がかさみます。

医療費についてこちらのページに詳しく書いてありました。

 

医療費をおさえるには

保険に入る

犬の治療費は、人のように公的医療保険がないので高額になります。

保険に入っておくのも医療費をおさえるのに役立ちます。

昔に比べて保険の種類もたくさんあります。
いろいろな種類があるのでご自身にあった保険を選ぶといいですね。

犬種によってなりやすい病気が対称になっているか
通っている病院で使えるか確かめることも大切。

 

犬さん貯金

医療費などかなりかかります。
急な出費のために日頃から犬さん貯金をしてみるのもおすすめです。

500円貯金やお釣りを貯金にまわすなど

我が家は、保険に入っていませんでしたが、500貯金をして医療費やいろいろなものに使っていました。

病気の早期発見

私は、プレイズタッチ というのをお伝えしています。

そこでよく耳にするのが「もっと早く病気に気がついてあげればよかった」という言葉。

病気の早期発見は、医療費も少なくできますし、
何より治せるかもしれません。

プレイズタッチ は、全身をくまなくタッチして
愛犬の肌の調子、痛がるところはないか?体温の違いは?というのを確認します。

毎日、同じ箇所をまんべんなくタッチすることがとても大切になっています。

プレイズタッチのセミナーも開催しますので、お問い合わせください。

 

心のケアも大切

ストレスが病気の原因になるということはもうすでにご存知だと思います。

人の生活に合わせている犬さんたちもかなりのストレスを抱えています。

ストレスについては、また改めて書きますが、
心のケアには和のフラワーエッセンス花音がおすすめします。

※セッションをしております。
質問やお問い合わせなどはこちらから。

 

自分のライフプランに合わせて

医療費の他にも食費、ペット用品、お手入れなど

かわいい犬さんと一緒に生活するにはお金がかかります。

どれくらいお金がかかるのかを理解することがとても大切になります。

 

まとめ

ペットのお悩みで「医療費がかさむ」というのがありましたのでその医療費について書きました。

医療費をかけないようにケアをする方法は、今後 書いていきたいと思っています。

明日は、医療について猫編をお伝えします。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です