ツバキの生存戦略それは《ターゲットを絞る》

そツバキの生存戦略それは《客(ターゲット)を絞る》

『植物に学ぶ生存戦略』の番組が大好きです。
その番組で『ツバキ』のことをしていたので、まとめてみました。

今日の内容

西麻布の生存戦略

西麻布は《ツバキ》の生存戦略をパクったからこそ繁栄し続けているそうです。

西麻布は住民の平均年収が1200万を越えるといわれる港区にあります。
一歩路地に入ると大人の隠れ家的 高級飲食店があり、ちょっと近付き難い雰囲気が西麻布の生存戦略!

 

西麻布の特徴

最寄駅がない 陸の孤島(ことう)

客を集める条件は、駅から徒歩圏内がマストな条件です。

 

ツバキの生存戦略

戦略1  ターゲットを絞る

ツバキは、冬から早春の寒い時期に花を咲かせます。
花粉を運んでくれる虫は、ほとんどいません。

西麻布もツバキも不利な状況を逆手に取る《一見さんお断り》
つまり客を絞る!

ツバキは昆虫でなく鳥に、花粉を運んでもらう『鳥媒花(ちょうばいか)』

ターゲットを絞り混む
・ツバキ:虫のいない冬に咲くことで鳥をターゲット
・西麻布:最寄駅を作らないことでタクシーを普段使っているセレブをターゲット

ちまちま花粉を運ぶ虫をターゲットにすると効率が悪くなる。

 

戦略2 赤の誘惑

赤は、鳥類がもっとも感受する色。

 

戦略3「俺って、特別? 」と思わせる

ツバキは、鳥に蜜を吸いやすくするため、横向きに咲いています。
長い雄しべで虫から蜜を守っていて長いくちばしを持っている鳥にしか蜜が吸えない構造になっています。

西麻布のバーは、入り口で暗証番号を入力したり、
入り口に滝が流れて客がくると水が止まり、入り口が開く店など、特別感を演出している店があると紹介。

 

和のフラワーエッセンス花音の『椿』

花音の椿は、岡山県の椿でテーマが「ケセラセラ~なるようになる」
そんな戦略的なことを立てているイメージとかけ離れているテーマになっています。

和のフラワーエッセンスの詳細・お問い合わせはこちらから

 

ツバキの生存戦略のまとめ

和のフラワーエッセンス花音の『椿』を今月のフラワーエッセンスとしていました。

ちょうど私の好きな番組で取り上げていたので、忘れないようにメモな感じで紹介しました。

次回は、グランディングのフラワーエッセンス花音の『磯野菊』の紹介です。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。