富士山周辺の『マウントフジ・フラワーエッセンス』MT.FUJI  Flower Essences 

今日は、日本三大霊山の一つである富士山周辺に咲く野生の花から作られたフラワーエッセンス『マウントフジ・フラワーエッセンス』について書きます。

日本人に愛されている富士山のエッセンスとても気になります。

マウントフジ·フラワーエッセンスとは

マウントフジフラワーエッセンスは、花の物質作用や物理成分を利用したものではなく、日本の霊峰富士山周辺に咲く野生の花から、独自の方法で花のエネルギーを転写した液体です。

地球の第7チャクラ、あるいはハートチャクラとも呼ばれ、日本三大霊山の一つである富士山周辺に咲く野生の花から作られたマウントフジフラワーエッセンスには、世界中のエッセンスの中でも、とりわけ高品質の素材が採用され,波動が純粋に保たれています。

マウントフジフラワーエッセンス シリーズ一覧

  • フォーミュラー
  • オーラスプレー
  • ストックボトル
  • アラカルト
  • マウントフジフラワーエッセンス キット
  • エネルギーペネトレーションペンダント (EPP)
  • マウントフジフラワーエッセンス ジェム

使用方法·トリートメントボトルについて

オーラスプレーについて

オー ラスプレーは肉体の周囲の空間(オ-ラ、チャクラ等)に1日3~5回スプレーする事により、エネルギーボディ(サトルボディ)やチャクラに、ダイレク トにダイナミックに働きかけます。

蓄積された思考や感情のパターン、つらい体験等によって引き起こされたエネルギーボディ(サトルボディ)、チャクラのア ンバランスを整えます。

テーマや問題と関係する特定のエネルギーボディ(サトルボディ)やチャクラに働きかけたい人、内面のアンバランスが行動パターンや 特定の不調和として現象化している人、現実世界や実際的な物事が苦手な人、肉体とエネルギーボディ(サトルボディ)のつながりが希薄で、思考、感情、霊的 なもの等、見えないレベルの影響を受けやすい人には、特に役立ちます。

※2020年8月よりすべてのオーラスプレーに淡いローズの香りが配合されております。全種類同じ香りです。また、保存料も今までの米焼酎からエタノールに変わりました。

 

創始者:パビットラ(中沢あつ子)さん

フラワーエッセンス開発者、指導家。

富士山周辺に咲く花から日本で最初にマウントフジフラワーエッセンスを開発。

日本で初めてバッチフラワーを導入。

日本におけるフラワーエッセンスの先駆的役割を果たし、ハートサポートシステム()にて、フラワーエッセンスを用いた各種セラピー、セラピストの育成、執筆、開発等に努める。

海外のフラワーエッセンス総発売元でセミナーの基盤作りをした経験も持つ。

ハートサポートシステム(有)取締役。日本フラワーエッセンス協会会長。

著書に「マウントフジフラワーエッセンスとエネルギーの世界花の“Being”」、日本人初のバッチフラワーの書籍「バッチ博士のフラワーエッセンスガイドブック」がある。

心理療法家、カウンセラー、エネルギーワーカー、ボディワーカー、ヒーラーでもあり、精神世界系から医療関係系迄、国内外で幅広く紹介されている。

大学では美術を学び、イラストレーターとして、大手企業や出版社に作品を提供した経歴を持つ。

マウントフジフラワーエッセンスのボトルラベル、著書のイラストも手掛けている。

また、マウントフジフラワーエッセンスのコンビネーションボトル(フォーミュラー・オーラスプレー)からインスピレーションを受け取り誕生したヒーリングジェムアクセサリー、「マウントフジフラワーエッセンスジェム」を創作している。

メタフィジカルワーク、サトルアナトミー(微細エネルギー解剖学)の専門家の視点から、フラワーエッセンスをはじめ、カラーセラピー、アロマテラピー等にエネルギーワークを取り入れる事の出来るエネルギーペネトレーションペンダント(EPP)を開発。

 

マウントフジ·フラワーエッセンスのまとめ

日本人なら大好きな富士山周辺の植物で作られたエッセンスになります。

かなりパワーがありそうですよね。

明日は、『リビングトゥリーオーキッドエッセンス 』を紹介します。

参考
Bercelesta

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です