パワースポットで作られた『フィンドホーン フラワーエッセンス』Findhorn Flower Essence

今日は、パワースポットフィンドホーンの恵みで作られたフラワーエッセンス『フィンドホーン フラワーエッセンス』について書きます。

フィンドホーン フラワーエッセンスとは

フィンドホーンは奇跡の土地と呼ばれパワースポットとしても知られている、フィンドホーンの地で咲く花から出来たフラワーエッセンス。

そのフィンドホーン共同体で栽培されたピュアな花を原料につくられる「フィンドホーン フラワーエッセンス」は、マリオン・リー(Marion Leigh)と彼女のチームによって愛をこめて手作りで創られています。マリオン女史によると、フィンドホーンフラワーエッセンスは繊細で優しい波動の中にも力強く大胆なエネルギーを持っているとのことです。

全てのフラワーエッセンスはフィンドホーンの地に咲く野生の草、花、木と、ホーリー・ウェルの(スコットランドのハイランド周辺に位置する泉)の湧水を使用しています。

フィンドホーンの心である「自然との調和」という理念をモットーに、エドワード・バッチ博士によるオリジナル製法とガイドラインによって製造されています。

自然の持つ治癒力と植物の持つ繊細なエネルギーを兼ね備え、優しく心と体を包み込むように癒してくれるフィンドホーンフラワーエッセンスは、心の問題や自分を一歩成長させてたい時に、後押ししてくれフラワーエッセンスです。

穏やかながらもその効果は強く、長期間試していくことで徐々に感情に変化がもたらされてくると言われています。

フィンドホーンとは

スコットランド北部で共同生活を営むコミュニティ「フィンドホーン」。
1962
年、1アイリーンとピーター・キャディ夫妻、及びその友人による1台のキャラバンカーの生活から始ました。

お金がなかった彼らが、生活のためピーター湾に面した貧弱な砂地で野菜を作り始めたところ、巨大な野菜の収穫に成功。乾燥した砂地の土壌からは通常育つはずのない種類の野菜が育ち、また巨大なキャベツなどが育ったことにより、フィンドホーンは奇跡の土地として注目をあびることとなりました。

現在は400500人のメンバーが共同生活のなかで“内なる神に従うこと” “自然との協調”というスローガンを実践。
現在も世界中から多くの人が訪れ、パワースポットとして有名な土地です。

その後ニューエイジ運動の中心的存在として多くの人達を育て、さらに自然と調和した家=エコハウスや都市を自然と共同創造する「エコビレッジ計画」を世界中に推し進め、国際的な注目を浴び、国連設立五十周年に平和活動に実績ある共同体として表彰され、1998年1月には国連からNGO(非政府組織)として正式に認可されました。


創始者:マリオン・リー(Marion Leigh

ドイツ生まれ。
6
歳でオーストラリアに移住。
1975
年から霊的コミュニティーを探すため世界を旅し、76年から81年までフィンドホーンに在住。
81
年、オーストラリアに一時帰国し、テレビ局勤務を経て、オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス・カンパニーで3年間働きながら、フラワーエッセンスに関するトレーニングを積む。またこの間、医学、ホメオパシー、各種マッサージ療法などを学ぶ。
91
年、再びフィンドホーンに移り住み、フィンドホーン・フラワーエッセンスをテーマに国際会議を開催。現在は、ワークショップ、講演、執筆活動などに活躍中。二児の母。
将来の夢は、フィンドホーンでヒーリング・リトリート・センターを設立し、日本風のデザインを取り入れた、花々でいっぱいの癒しのガーデンを作ること。


<
お知らせ>
マリオン・リーさんは2019年7月3日、逝去致しました。謹んでご冥福をお祈りいたします。
フィンドホーンフラワーエッセンスでは、マリオン・リーさんの生前より、親族やスタッフが教育や製造に携わって参りました。
フィンドホーンフラワーエッセンスの役員であり、過去2年間教育ディレクターを務めていた長女のアイオナ・リーさんが、マリオンさんの仕事を受け継ぎ、ディレクターに就任する事となりました。
フィンドホーンフラワーエッセンスは新たな体制となりますが、今迄と同様に製品は供給されます。
今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。

 

フィンドホーン フラワーエッセンスのまとめ

パワースポットで作られたフラワーエッセンスは、
かなりのパワーがあると思われます。

明日は、『マウントフジ・フラワーエッセンス』をご紹介します。

参考
Bercelesta
Bethesda Homeopathy

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です