東洋医学(中医学)的な花粉症

東洋医学では、春はの季節!
春に辛い花粉症もこの肝の働きが要と言われています。

花粉や花粉によるアレルギーの解毒は肝によるものです。
肝が元気だと花粉症の症状もやわらぎます。

今日は、東洋医学的なところから花粉症を考えてみます。

今日の内容

東洋医学的なとは

東洋医学における肝は、西洋医学の肝臓と作用が全く異なります。
肝は、気や血の流れなどをコントロールしていると考えられています。

春はただでさえイライラしますよね。
それも実は、”怒” も “肝” に関係します。

東洋医学での花粉症対策

まず体を冷やさないこと。そして、体の中に余分な水を増やさないこと。
さらには、ストレスをためないこと。

” 肝 “を補う食べもの

緑の野菜や酸味のある食べもの。
旬を迎えるタウリンが豊富な貝類、木の芽やうど、ふきなど香りが良いもの、菜の花や人参などカロテンが豊富なもの、柑橘類など酸味のあるものには、の働きを助ける作用がありますが、胃腸が弱い方は酸味のあるもののとりすぎには注意してください。

  • 野菜:ほうれん草、黒ゴマ、春菊、セロリ、トマト、菜の花 など
  • 魚類:貝類(あさりなど)、いか、うなぎ、あなご など

旬のものを食べるいいですね。

漢方で整える

漢方では症状をサインととらえ、症状から根本から原因を考え対処します。

花粉症としてよく名前があがるのが「麻黄附子細辛湯」「小青竜湯」などですが、
その人の体質にもよるので、専門家に相談することをおすすめします。

花粉症におすすめのツボ

上星(じょうせい):  鼻づまり・目の充血
② 攅竹(さんちく): 目のかゆみ・目のかすみ・涙
③ 印堂(いんどう): さらさらした鼻水
④ 睛明(せいめい): 目のかゆみ・鼻水・鼻づまり
⑤ 承泣(しょうきゅう): 目のかゆみ・目の充血
⑥ 鼻通(びつう): くしゃみ・鼻水・鼻づまり
⑦ 迎香(げいこう): くしゃみ・鼻水・鼻づまり
⑧ 合谷(合谷): 首から上の症状全般 鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・目の充血

ネーブル四点(おへその周り)

ここに置き鍼をしてもらったら、花粉症状が出なくなって、
自分は花粉症ではないのでは、ないかと思えるくらいです。

 

ネットでは、今、小指に湿布を貼るというのも流行っていますよね。

東洋医学(中医学)的な花粉症のまとめ

今回は、東洋医学的な花粉症について書きました。

春は解毒(デトックス)の季節でもありますので、を整えて、スムーズな解毒と一緒に花粉症も緩和させましょう。

次回は、犬にも花粉症ってあるの?をお伝えします。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。