【Zoom】女優ライトいらずの新機能

今日はZoomの女性にはうれしい新しい機能について書きます。

Zoomは今すごく進化

前は肌機能補正
他のアプリなどが必要だったんですが、Zoomだけでできちゃったりもします。

Zoomアップデート

この機能は、最新の機能になりますので、Zoomアップデートしてください。
1.アップデートを確認をクリック

2.更新が利用可能の場合は更新をクリック

3.インストールをクリックして続けるをクリックしてインストール開始

4.パスワードを入力
こちらのパスワードはパソコンに入るときのパスワード

5.ソフトウェアをインストールをクリック

6.インストールが完了しましたら一回閉じていただき最新版になっているか確認

1.肌補正機能

照明機能

女優ライブなどの照明もいらなくなります。
女優ライトって長時間だと目が痛くなるんですよね。

1.ビデオの隣の三角マークのビデオ設定をクリック

2.低照度に対して調整にチェック
自動、手動が選べる
手動の場合は顔の明るさ、画面の明るさが変更

ビデオフィルター

今まではビジネス的なZoom
猫の耳 ウサギの耳など選べるようになりました。

1.ビデオの隣の三角マークのビデオ設定をクリック

2.ビデオフィルターを適用するにチェック(Windowsの場合、外見を補正する)
バーで選ぶことができます。

私の個人的な意見では、あまり効果がない印象です。

3.背景とフィルターをクリック

4.ビデオフィルターを選択

セミナーには向かないけど、お茶会とかで遊ぶのもおすすめ

 

背景雑音を抑制

カフェとかでZoomをする時後ろの騒音を抑制する効果

1.設定の中のオーディオ

2.背景雑音を抑制
自動・低・中程度・高が選べる

中程度がおすすめ

反応ボタン

拍手 イイネ ハートなど

自分のビデオの画面の上に

この拍手やいいねは

時間が来てしまうと勝手に消えてしまうので

ずっと手を上げてもらいたい場合は

参加者の中にあるハイとかいい家とか

何か手をあげたいなっていう時とかは

参加者の方のマークを使うといいと思います

画面共有の資料に自分の顔をのせる

画面共有の中に、バーチャル背景としてのPowerpointっていうのが追加されました。

よくYouTubeの教育系の方が
画面を見ながら説明をするような感じで自分の顔写しながら資料をめくることができます。

こちらを選択すると使用する資料を選択することができますので資料を選択して開く。

この機能はですね
PDFにはまだ対応していない
PowerPointとMacのKyenoteが対象

カメラをオンにすると画面に自分の顔が映ります。

大きさも変えられますし、資料の好きなところに自分の顔を移動させることもできます。

ページはこの下の矢印でめくれます。

最近はオンラインのイベントとかも多いので
QRコードや名刺みたいな紹介ページを用意して背景にするのも面白いですよね。

昔はバーチャル背景に1枚1枚画像を用意していました。

 

YouTubeでも話しています

YouTubeでもお話しています。(10月11日18時投稿)
YouTube チャンネル登録お願いします。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です