【Zoom新機能】「パスワード強化」と「待機室」

今日は、2020年4月4日にZoomの新機能「パスワード強化」と「待機室」についてお話します。

これは、ミーティングに悪意を持って入室し、不適切な画像を共有するなどの
「Zoombombing」を防ぐためだそうです。

もともとあった機能でですが、自分では設定していないから、
ビックリしてしまうこともあります。

トラブルにならないためにも。

パスワード機能

以前は、自分で選択できていましたが、
今後は、チェックが外れなくなっています。

URLを連絡する際にパスワードも一緒にご連絡必要があります。

今まで通りにワンクリックで入室するために

ホームページの設定で
「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます。」を
オンにしておきます。

Zoom IDのURLが長くなるので、クリックがうまくいかない場合のためにパスワードはご連絡してくださいね。

 

Zoom開催中

Zoom開催中の時にパスワードの確認は、

招待をクリックすると右下にミーティングのパスワードが出てきます。

受講側

受講側は、パスワードを入力しないと入れなくなるのでパスワードを入力してください。

 

待機室

受講者がパスワードを入力するとホストの人には、下記のような画面が出ます。

許可するをクリックしないと受講者の方は、Zoomの部屋に入れなくなります。

待機室をクリックすると今現在、待機している人の一覧が見られます。

そこからも許可することもできます。

 

待機室を無効

待機室を無効にすることもできます。

セキュリティ上は、有効の方がいいかもしれませんが、
いちいち許可するのが面倒という方は、Zoomのホームページから無効にすることができます。

設定からかなり下の方に待機室があるので、無効にしてください。

 

まとめ

今日は、Zoomの新機能の「パスワード強化」と「待機室」についてお話しました。

前からあったけど、急に全員有効になってしまったので、パニックにならないように備えておくといいですね。

arccocoの最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です